2015/01/02

A Happy New Year 2015


新年あけましておめでとうございます。
いつも応援してくださっている皆様、関係者の皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年はリーダープロジェクトこそ動かせなかったものの、今メインとしているインストゥルメンタル・トリオ「凸 "TOTSU"」が始動、他、様々なプロジェクトやイベント等に参加させて頂き、年間で100本を超える現場を経験させて頂きました。
3月、大阪にて、自身初となるドラムクリニック(セミナー)を開催出来たこと、9月、演奏では初めて北陸に行けたことなど、印象に残った出来事が多数あります。

さて、本日、2015年1月2日は私事ですが、自分が生まれてからちょうど8,888日となります。
新年のご挨拶とその記念ということで、当サイトもリニューアルし、新たな"アート"(アーティスト写真)も公開しました。

w/ Mai Yokota (photographer) & Sae Taniguchi (painter)

完全に自分主導で行った、今回の新たなアー写撮影企画。
クリエイティヴなお二人のご協力により、想像を超えるクオリティに・・・

各メディア(FacebookTwitterYouTubeSoundCloud他)で異なるバージョンの写真になっています。
是非checkしてみてくださいね。

そして、もう一つ、久々の映像作品を公開!


(※ヘッドフォン、外部スピーカー推奨)

以前、リーダープロジェクト・ライヴにも参加して頂き、去年秋に久々にご一緒させて頂いた、ギタリスト/作曲家の黒沢ダイスケ氏より、「ドラマーの映像作品を作りたい」とお声をかけて頂き、実現したものです。

Daisuke Kurosawa

曲は約2年前に作曲した、今のところ唯一のプログレッシヴ・メタルなナンバー、"TERMINAL"。
昨年11月より使用している、新しいドラムセット(Pearl Referenceシリーズ)を使ってのレコーディング(機材についての詳細はこちら)。


黒沢氏は演奏(ギター)だけでなく、音関係全てを担当・・・ミックス、マスタリングまでやって頂きました。
映像関係の担当は黒沢ダイスケ Progressive Bandのキーボーディストでもある、藤田良介氏。
GoProを始めとする小型カメラ6台を投入し、約8分のノーカットで編集して頂きました。

Ryosuke Fujita

実は自分のオリジナル曲をライヴではなく、スタジオでレコーディングするのは今回が初めて。
レコーディングメンバーは黒沢氏に加え、お馴染み、凸 "TOTSU"より、小山直人(b)、金沢法皇(key)という強力な若手実力派のお二人。

凸 "TOTSU"
(photo by Mai Yokota)

こちらの企画も本当に素晴らしいメンバーの皆さんのお陰で、納得のいく仕上がりになりました。

ちなみに、この今回レコーディングした音源が、iTunesAmazonレコチョクmusic.jpなど各サービスで、本日より順次配信開始となっています。
ぜひ是非、ダウンロードして、お手持ちのプレイヤーに追加して頂けたらと思います。


今回の一連のプロジェクトにご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました!

そして、上記ムービーに関わった、なんと全員が参加するライヴが今月25日に予定されているこちら。


黒沢氏率いる「黒沢ダイスケ Progressive Band」と、我らが「凸 "TOTSU"」の2マンLive。
ただ、この日は普通の"対バンライヴ"ではありません。

なんと、2バンド分の機材を"全部載せ"予定・・・もちろん、ドラムもツイン(2台)で、自分は上記ムービーでも使用している、新しいドラムセット一式を使用予定です。
そして、ムービー中で演奏している"TERMINAL"も合同メンバー(4人)で披露予定!
他のお楽しみも色々と。。

ぜひ是非、いらして頂けたらと思います。
詳細はこちらでご確認ください!


さあ、2015年は「改革」の一年に・・・
今年もまた確実に前進します。:)

2015.01.02
スズキトモヒサ